無垢材とは

無垢材とは

無垢材とは

テーブルや椅子、タンスなどの家具は私たちの生活を便利にしてくれるものですが、これら家具は一般的に「木材」が使用されています。この木材は一枚板などの「無垢材」や、日本ではベニヤ板と呼ばれている「合板」などに分けることができますが、無垢材と合板にはどのような違いがあるのでしょうか?

合板

合板 まずは合板についてご紹介いたします。合板とは、厚さ数ミリの薄くスライスした木材を何層にも貼り付けた板のことで、反りや縮み、割れに強いのが特徴です。家具においては背板として利用されることが多いのですが、テーブルの天板や住宅の天井材など、その利用方法は多岐にわたりますよ!

合板を作成する際には接着剤が用いられるのですが、JASでは使用する接着剤に応じて、以下のように分類しています。

第1類合板(完全耐水合板)

沸騰水でも剥がれないほど耐水性に富んでおり、利用方法としては外壁や浴室、台所の下地などが挙げられます。

第2類合板(高度耐水合板)

完全な耐水性は持っていないものの、高度な耐水性を持った合板です。利用方法としては天井材や内装材、木工家具の基材などが挙げられます。

無垢材

無垢材 合わせ板は非常に薄い板の集合体といえますが、無垢材は丸太から必要な寸法を切り出した、まさに天然の木材です。100%天然ですので、使えば使うほど木独特の風合いが出てきます。木の色に深みが出たり、逆に少し色褪せたりなど様々な変化を見せるのですが、これは塗装方法や樹種、利用法によって異なります。つまり、長く愛用することで「自分だけ」の風合いが現れるのです!

機能性の面としては、重厚感があり頑丈なのが特徴として挙げられます。希少性の高さが値段に反映されている部分もありますが、長持ちしやすいため長期的なスパンで使用できるのも無垢材家具の強みです!

なお、無垢材として一般的に知られているのは「一枚板」ですが、無垢材を接着し板状にした「集成材」もあります。集成材は表面を削るだけで新品同様の状態に戻すことができるので、親子代々受け継げるほど長く使用できます。

ノックオンウッドでは、無垢材を使用したこだわりの家具を多数ご用意しております。一枚板家具はもちろん、ノックオンウッドオリジナル小物もご用意しておりますので、「家具や小物にとことんこだわりたい!」という方はぜひご利用ください。また、家具の販売のほか作り直し・家具リフォームについてのご相談も承っておりますので、家具に関することなら何でもご相談くださいね!

このページの先頭へ戻る

Menu